「ワキゲ・ガール」
先日、初心に戻ろうと、スキムをはじめるときに買ったビデオ、「Skim Fast」を見ていた。
すると、うちの嫁さんが、何かこの歌「ワキゲ・ガール」と言ってるよ〜。と、まー、言うではないですか。

私は、10年間アメリカに暮らしていたので、英語には人並み以上の自信アリアリ!「またー」とばかり、馬鹿にして聞いてみたら。な・なんと、聞こえるではないですか!

それも連続で!「ワキゲ・ガァ〜ル ワキゲ・ガァ〜ル」。
あ〜、日本滞在8年間、リスニング能力がおちたからか〜。いや、確かに聞こえる!
映像を見ると、なんと、ジョージ・ブライアンが「ワイプアウト」してるではないか!!やはり、リスニング“力”が、落ちたわけでなく、本当なのだろうか!
それはそうだ、ビーチで「ワキゲ・ガ〜ル」なんて言われたら、その衝撃で、だれでも、100%ワイプアウト地獄だ!
それは、私が1992年にブルガリア国に、西側初の使節団として訪問した時を、思いださせた。

ブルガリアは、黒海に「ブルガス」という観光地がある。
ブルガリア人の女の人は、アメリカ人を唸らせる美人揃い!私たちは、「ビッチ・オン・ザ・ビーチ!」とわめきながら!喜び勇んでビーチに繰り出した。

そのとき、しかし、川口ひろし探検隊なみの衝撃が!私達は、信じられない光景を目にしたのだ!

大勢の美人がビキニで闊歩していたが、全員、毛があるのだ!!西側には無い「毛だ!」それも全員だ!なが〜い、ワキゲだ!黒毛・金毛・茶毛・白毛(お、ババーだった!)

やはり、あなどれない東側(元共産国!)こんな独特の文化が有ったとは!

その時、私たちは、東側の最終兵器を目にしたような、驚きを覚えた。それは、心のワイプアウト!新しい世界への扉!「さすが東側、ヤリ手の女がたくさんいる。軍事目的か・・・。」(んなわけない)

やはり、私たちも、北朝鮮には気をつけるべきだと、実感させられた。「東洋の神秘、無毛攻撃」(意味わからん)

inserted by FC2 system